CLASSIC TEAM LOTUS/SHCC OISO MEETING 2013

商品カテゴリ

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.

50th SHCC OISO MEETING

12月1日、神奈川県の大磯ロングビーチ駐車場で恒例のヒストリックカーによるジムカーナ、SHCC大磯ミーティングが開催されました。今回で50回を迎えたこの老舗イベントに、我らがClassic Team Lotus Japanも参加してきましたので、その模様をご報告します。
快晴に恵まれた大磯ロングビーチ駐車場に集結したClassic Team Lotus Japanの面々。3月の鈴鹿ファン感謝デイ以来の登場となるロータス88Bに加え、マーチ761 F1や、ロータスM20 METIER II、エスプリS4 JPSなど、様々なマシンを持ち込みました。
朝と昼には、CTL Japan代表の久保田克昭によるロータス88Bのデモランも披露。広い大磯の駐車場も、F1にとってはちょっと狭い舞台でしたが、フル加速やドリフト! など、存分にF1の迫力を感じていただけたのではないか? と思います。
しかも幻のツインシャシー88Bが大磯を走るのは今回が初めて(昨年はタイプ78でした)、ということもあり、会場では多くの皆さんから注目を浴びました。
さらに来年2月7日から公開される映画『RUSH ラッシュ/プライドと友情』に合わせ、久保田の所有するマーチ761も特別展示。1976年シーズンにロニー・ピーターソンが搭乗し、同年のイタリアGPを制したマシンそのものです。久保田はこの761とともに、ニュルブルクリンクで行われたRUSHの撮影にも参加しました。一昨年までヨーロッパのヒストリックF1選手権を戦っていたこの761が日本で公開されるのは、これが初めてです。
また展示コーナーも充実。これはエラン+2のプロトタイプとして1965年に製作されたロータスM20 METIER II。無論、世界にたった1台しか現存しない」貴重なモデルです。
こちらのJPSカラーに彩られたエスプリV8は、本国CTLのエースであるダン・コリンズが、エスプリの生産が終了するのに合わせ、特注で作らせたスペシャルエディション。世界にただ1台のJPS エスプリV8です。
会場では、新製品の1/43 ロータス88B(イギリスGP N.マンセル)のほか、PLANEX COLLECTIONのロータス・グッズも特別販売。多くの皆さんにご来店いただきました。どうもありがとうございました!

このページのTOPへ
Copyright(C)2017 Classic Team Lotus All rights reserved.
Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.