CLASSIC TEAM LOTUS/LOTUS F1 FILE 02 - LOTUS 18

商品カテゴリ

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.
Facebook:Classic Team Lotus (Japan)
LOTUS_BY_PLANEXをフォローしましょう

LOTUS F1 FILE 02 - LOTUS 18

2012 Goodwood Festival of Speed - LOTUS F1 FILE 02

2012年のGoodwood Festival of Speed に集った歴代ロータスF1マシーンをご紹介していくLOTUS F1 FILE。第2回目となる今回は、チーム・ロータスとして初のミドシップF1マシーンとなったタイプ18です。

LOTUS 18

スターリング・モスがドライブする18/376。
当時モスは「暑いから」という理由でサイドパネルを外してモナコを走った。
1958年、チーム・ロータスはタイプ12の改良版であるタイプ16を投入。フランク・コスティンの手による流麗なボディをもつ16は数度の入賞を果たすなど、随所に速さをみせるものの、時代の趨勢はクーパーが1957年にF1界に持ち込んだミドシップ・レイアウトに移行しつつあった。
1960年、ロータスはマイケル・コスティン設計による鋼管スペースフレームをもつ、初のミドシップマシン18を発表する。シンプルかつ軽量に作られた18は、まず1000ccのFJバージョンが59年のBRSCCボクシングデイ・レースでデビュー。2.5リッターのF1バージョンは60年のアルゼンチンGPでデビューした。
イネス・アイルランドと新たにチーム・ロータスに加入したジョン・サーティースのドライブした18はシーズン序盤から快走。プライベートのロブ・ウォーカー・チームから参戦していたスターリング・モスもシーズン途中でクーパーから18に乗り換え、モナコGPでは遂にロータスに初のGP優勝をもたらす。
さらにモスはUS GPでも優勝しランキング3位に。またポルトガルGPではサーティースが初のポールポジションを獲得、シーズン途中で新たにワークス入りした新人ジム・クラークが3位入賞を果たすなど、チーム・ロータスはこの18で一気にトップチームへと登り詰めた。
グッドウッドで18をドライブするジョン・サーティース。
●LOTUS 18 Specification
・生産台数:31台(FJ版は120台)
・エンジン:コヴェントリークライマックスFPF
・排気量/形式:2495cc 直列4気筒 DOHC
・最高出力:237bhp
Team Lotus - The Formula 1 Cars Book CTL FESTIVAL EDITION
歴代ロータスF1の詳細に関しては、
好評発売中の「チーム・ロータスF1ブック 日本語版」に掲載されています。
ぜひご覧ください。

このページのTOPへ
Copyright(C)2017 Classic Team Lotus All rights reserved.
Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.