CLASSIC TEAM LOTUS/Jim Clark & Team Lotus 50 years since the first Wo

商品カテゴリ

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.

1963 - 2013
Jim Clark & Team Lotus
50 years since the first World Championship victories

1960年代のF1界を代表するスターとして活躍した"フライング・スコット"ジム・クラークと、チーム・ロータスが、初めてのワールドタイトルを獲得してから今年で記念すべき50周年を迎えました。英国では、それを記念して9月13日から15日にかけて開催されるグッドウッド・リバイバルで記念イベントが行われるなど、盛り上がりを見せています。
1963年9月8日、イタリア・モンザ・サーキットで行われたイタリアGPで、ゼッケン8番を付けたロータス25/R4に乗るジム・クラークは、フェラーリのジョン・サーティース、BRMのグラハム・ヒルといった並みいる強豪を退けシーズン5勝目を獲得。当時全10戦で争われていたグランプリにあって、3戦を残して初のドライバーズ・チャンピオンに輝きました。
このタイトルを足がかりに、クラークは65年にもF1王座を獲得したほか、同年のインディ500も制覇。1968年に事故死するまで、F1通算25勝、ポールポジション33回という未曾有の記録を打ち立てます。
一方、チーム・ロータスも63年以降、65年、68年、70年、72年、73年、78年と7度のコンストラクターズ・タイトルに輝き、一時代を築き上げることになります。
Classic Team Lotus Japanでは、イタリア・ブルム社とコラボレーションして、1963年シーズンにジム・クラークが記録した勝利の中でも記憶に残る、イギリスGPとイタリアGPのウイニングマシーンを1/43スケールで再現しました。在庫僅少となっておりますが、ロータス史に残るメモリアルマシンを是非貴方のコレクションに加えてください。
1963 MONZA Jim Clark No.8
ジム・クラークがシーズン5勝目を飾ったイタリアGPの25/R4を再現。クラークは、この勝利で自身(そしてチーム・ロータスにとっても)初となるワールドチャンピオンを獲得した。ロータスの歴史を語る上で欠かすことのできない1台である。ゼッケンはもちろん、ボディサイドのピンストライプなどイギリスGP仕様との違いを比べるのも面白い。
1963 Silverstone Jim Clark No.4
地元イギリスGPでポールtoフィニッシュを飾ったクラークの25/R4をモデル化。2位のフェラーリ(J.サーティース)に圧倒的な差をつけて勝ったシーンは今でも語りぐさとなっている。またチーム・ロータスが、グリーン地にイエローストライプというお馴染みのカラーリングを採用したのは、このイギリスGPからである。

このページのTOPへ
Copyright(C)2017 Classic Team Lotus All rights reserved.
Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.