CLASSIC TEAM LOTUS/SUZUKA Sound of ENGINE 2019

商品カテゴリ

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.

SUZUKA Sound of ENGINE 2019

Photo:淺井浩次/Classic Team Lotus Japan
今年も11月16日、17日にかけて、日本最大のヒストリック2&4レースの祭典、鈴鹿サウンド・オブ・エンジンが開催されました。
今回Classic Team Lotus Japanからは、1977年型ロータス78と1981年型ロータス88Bの2台が、ヒストリックF1デモレースに出場。会場ではその他多くのヒストリック・ロータスの姿を見ることができました。
Legend of Formula 1
LOTUS 88B
1967年のクーパーT86から1990年のティレル019まで10台がエントリー。久々の走行となる久保田克昭のロータス88Bは金曜のプラクティスから快音を響かせていましたが、土曜午前の走行でエンジントラブルが発生。残念ながらそこで走行を終了することとなりました。一方のロータス78は金、土曜のみの走行でしたが、快調な走りを披露しました。この他、コース上では1989年型ロータス101も姿を見せ、3世代のロータスF1が揃いました。
LOTUS 78
LOTUS 101
’60s Racing Cars
1960年代のレーシング・プロトタイプ、GTスポーツを対象とした’60s Racing Cars。サウンド・オブ・エンジンの中でも人気のカテゴリーには、1954年型ロータス・マーク8、1959年型ロータス・エリート、1960年型ロータス19、1964年型ロータス23Bの4台がエントリー。このうちロータス19は1960年の北米USACラグナセカでスターリング・モスが優勝を飾った元レイストール・レーシングの個体だ。
LOTUS 19
LOTUS Mk8
LOTUS ELITE
Historic Formula Register
1960年代のF2以下のフォーミュラカーを対象としたヒストリック・フォーミュラ・レジスター(HFR)のデモレース。今回も28台ものエントラントが集まったこのレースには、ロータス18、31、35、41、51、59、69など11台のロータスがエントリーし、華を添えた。
LOTUS 18
LOTUS 18
LOTUS 31
LOTUS 35B
LOTUS 41
LOTUS 41C
LOTUS 51A
LOTUS 51A
LOTUS 51A
LOTUS 69
LOTUS 59
このページのTOPへ
Copyright(C)2019 Classic Team Lotus All rights reserved.
Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.