商品カテゴリ

小倉茂徳コラム

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.

50th Anniversary of Fuji Speedway
FUJI WANDERLAND FES!

1966年に世界屈指の高速コースとして開業した富士スピードウェイの誕生50周年を記念したイベント『富士ワンダーランド・フェス!』が3月12日に開催されました。その中のメインプログラムというべきBack to F1 WORLD CHAMPIONSHIP IN JAPANで、1976年のF1イン・ジャパンを再現するため、本国Classic Team Lotus のロータス77をはじめ、マクラーレンM23、フェラーリ312T2がCTL Japan代表の久保田克昭の呼びかけにより来日。41年前に行われた日本初のF1GPを再現しました。
Photo:加藤直人
今回のイベントに合わせてやってきたのは、1976年型のロータス77。シャシーナンバーJPS11をもつこの個体はタイプ77の1号車で、1976年のF1イン・ジャパンでマリオ・アンドレッティがポールポジションを獲得。雨に見舞われた決勝でもステディな走りをみせ、見事優勝を果たしたマシンそのものです。
日本ではかつて、故 西田旬良氏が所有しサラブレッドGPに出場していたことでの馴染み深い1台。現在は本国CTLの所有となっており、今でもFIAヒストリック・フォーミュラ・ワンに出場している現役のレーサーでもあります。
今回ドライバーを務めたのは、CTL Japan代表の久保田克昭。ポールからスタートしたのち、ハントのM23とバトルを繰り広げトップチェッカーを受けるという、当時のレースを再現しました。
さらに富士50周年のためにCTLで保管されている当時の優勝トロフィーも上陸。マシンとともにピットで展示されました。
そして公式プログラムには、今から41年前にこのトロフィーを受け取ったマリオ・アンドレッティからのメッセージも寄せられておりました。ちなみにこの富士での勝利は、当時低迷を続けていたチーム・ロータスが浮上のきっかけをつかんだ勝利であり、マリオ自身にとっても初のF1優勝という、記念すべきものでした。
余談ですが、CTLのボスであるクライブ・チャップマンは、寄宿学校の寮で隠れてレースの模様をラジオで聞いて、その勝利に感動したといいます。
Photo:加藤直人
また1976年にジェームズ・ハントがドライブし、フランスGPとドイツGPで優勝した経歴をもつマクラーレンM23(シャシーナンバー6)も来日。このマシンのオーナーで、映画RUSHではジェームズ・ハント役で実際にマシンのステアリングも握ったアンドレア・ブラーニ氏がドライブしました。
Photo:加藤直人
富士でのF1を語る上で欠かせないフェラーリは、1977年型の312T2(シャシーナンバー031)がアメリカから来日。長年このマシンを所有しているオーナーのコリン・バッハ氏自身がステアリングを握り、素晴らしいフラット12サウンドを響かせてくれました。
このほか、日本から小嶋禎一氏の所有する1977年式ウルフWR1も参加。77年のレースで序盤にトップを快走、ファステストラップをたたき出すなど活躍したジョディ・シェクターを彷彿とさせるスピードを披露しました。
1976年のレースではプラクティスで4位のタイムを記録して周囲を驚かすも、予選でクラッシュ。その後夜通しでモノコックを一から作り直すなどの復活劇を遂げたエピソードが有名なコジマKE007。これも富士を語る上では欠かせない1台ながら、エンジントラブルで出走できず。残念。
1974年に日本初のプライベーターF1として世界に挑んだマキF1チーム。その処女作というべきF101Aも富士に姿を見せたのですが、こちらもエンジントラブルで不出走。ちなみにコクピットに収まるのは、当時ドライバーとしてマキに在籍していた速水翔こと新井鐘哲氏。
記念すべき富士の50周年、そして快晴に恵まれたこともあり、朝からサーキットには多くの観客の皆さんが来場。F1の展示されたピットは入場制限もでるほどの賑わいとなりました。またお昼に行われたグリッド&ピットウォークもご覧のような人だかり。多くのみなさんに真件に77の写真を撮っていただき、我々としても誇らしい気持ちになりました。
右から今回のデモランでドライバーを務めた、マクラーレンのアンドレア・ブラーニ氏、久保田、フェラーリのコリン・バッハ氏、ウルフの小嶋禎一氏。皆、大勢のみなさんの前で無事に走りを披露でき、満足げな笑顔!
これをきっかけに益々日本でもクラシックF1への興味が広がっていくことを願わずにはいられません。
一方、パドック内では久々にCTLブースも出展。現在特別セール中のJPSトロリーケースや、TEAM LOTUS F1 BOOK日本語版などを販売。多くのみなさんにお越しいただきました。
特別セールは現在も公式HP(http://www.classicteamlotus.jp/)で継続中ですので、今回会場に来れなかったみなさんもぜひ、アクセスしてみてください。
最後になりましたが、今回のために快くマシンとトロフィーを貸し出してくれたCTLのボスであるクライブ・チャップマン、そしてメカとして帯同してくれたクリス・ディネッジ。また普段ヒストリックF1でこの77をドライブしているCTLのパイロットのひとり、グレッグ・ソーントンにこの場を借りてお礼申し上げます。