CLASSIC TEAM LOTUS/2012 Goodwood Festival of Speed - Part1

商品カテゴリ

LOTUS F1 FILE

ロータス情報

ご利用ガイド

Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.
Facebook:Classic Team Lotus (Japan)
LOTUS_BY_PLANEXをフォローしましょう

2012 Goodwood Festival of Speed - Part1

今年も6月29日から7月1日にかけて、英国最大のモータースポーツイベントGoodwood Festival of Speedが、英国サセックス州チチェスターにあるグッドウッド・エステートにおいて開催されました。今年のメインフィーチャーは、1952年の創業以来60周年を迎えたロータス! ということで我らがClassic Team Lotusも全面協力してロータス一色の週末となりました。早速その模様をお届けしましょう。
ということで、グッドウッドハウス前に建てられる恒例のモニュメントのテーマもロータス。今年はタイプ32、49、72、79、99T、R30と6台のマシーンが巨大な梁に吊るされるというモノだったのですが、よーく見てみるとどれもが本物。あのエマーソン・フィッティパルディとともに数々の勝利を挙げた、72の中で最も素晴らしいヒストリーをもつ72E/5も、アイルトン・セナとともに87年のモナコ&デトロイトを制した99T/4も実車そのものがディスプレイされています。もちろん雨が降ったらズブ濡れ。CTLの気前の良さに唖然です。
ロータス・イヤーということで、会場には多くのヒストリック・ロータスが集結したのですが、それ以上にトピックだったのはロータス創始者コーリン・チャップマンの妻であり、CTL代表のクライブ・チャップマンの母である、ヘイゼル・チャップマンが土曜日に会場を訪れた事でした。ヘイゼルが公の場に姿を見せるのは、2010年に開催されたClassic Team Lotus Featival以来のこと。昔洋書で見た若かりし頃と、優しそうで品のいい雰囲気は変わっておらず、お元気そうでした。
ということで、グッドウッドハウスの前でお昼に行われたセレモニーでは、ヘイゼルとCTLのドライバー&オーナーたちとの記念撮影も行われました。以前このコーナーで紹介したCTLのエース、ダン・コリンズやクライブ・チャップマン代表の姿も見えます。
今回はCTLのF1をドライブするゲストドライバーとして、ル・マン・ウィナーであり、日本のモータースポーツでも活躍したこの2人も登場。自身も大変なエンスーで、昨年のモンザではCTLのロータス91をドライブしたこともあるエマニュエル・ピッロ(左)は、ロータス92をドライブ。一方、ル・マン史上最多の8勝を誇るトム・クリステンセン(右)は、ロータス97Tや98Tをドライブ。
また1972年に72Dで当時史上最年少のワールドチャンピオンに輝いたエマーソン・フィッティパルディは、当時を彷彿とさせるJPSのワッペンを付けたレーシングスーツで登場。
CTLが所有する1974年型のロータス72E/9をはじめ、ゴールドリーフカラーのロータス49/R6やロータス72/4もドライブ! ファンにとってはたまらない3日間となったのです。
さらに、昨年モーターレーシングからの引退を表明した、サー・スターリング・モスがexロブ・ウォーカー・ティームのロータス18F1をドライブしたことも今回のトピックのひとつでした。というのも、この英国のプライベーター・チームのロータス18に乗って1960年のモナコGPに出場したモスが、ロータスに初めてF1での優勝をもたらしたからです。こんな記念すべきコラボレーションが実現するのもグッドウッドならでは。
さらにモスの影に隠れてしまった感もありましたが、史上唯一2輪と4輪でワールドチャンピオンに輝いた「ビッグ・ジョン」ことジョン・サーティースもロータス18F1をドライブ。実はのちにフェラーリやホンダで活躍するサーティースがF1デビューを飾ったチームこそ、チーム・ロータスだったりするのです!
というわけでレポート第1弾は終了。次回は会場に集ったマシーンをご紹介しましょう!

このページのTOPへ
Copyright(C)2017 Classic Team Lotus All rights reserved.
Classic Team Lotus 国内正規代理店
PLANEX COMMUNICATIONS INC.